As Competitor

競技会に出場する

WTとFTの違い

シューティングシーズンに猟場に出向く機会があるなし関係なく、ガンドッグをスポーツとして楽しむ事が出来ます。これらは家庭犬としてお家の中で暮らすガンドッグたちの多くも行うイギリスで人気のあるドッグスポーツです。

 

イギリスにはガンドッグに向けた競技会を行うクラブが、レトリーバー種だけでも80存在します。競技会のタイプを説明していきましょう。

 

【Working Test】

シューティング“オフ”シーズンに最も行われる。キャンパス地で出来たダミーを回収する(スパニエル種の場合はハンティング能力も審査される)ことが審査される。ステーション方式が主流でウォークアップ形式も行われる。

 

【Field Trial】

シューティング“オン”シーズンにのみ行われる。実際の猟場でシューティングディに似せたシチュエーションで本物の鳥を撃ち行う。ドリブン形式、またはウォークアップ形式で競技は進行される。毎年12月頃にチャンピオンシップが行われ、ウィンザーで開催される場合は女王様も見学に来るほど。条件を満たすとFtChの称号が血統書につく。

 

【Cold Game Test】

シューティング“オフ”シーズンに最も行われる。ダミーの代わりに死んで冷凍保存されていた鳥(ハトが主)やうさぎを使いワーキングテストが行われる。多くの場合はウォークアップ、まれにドリブンやステーション方式

 

◆競技会と実猟の違い

 

◆WTにての回収物の基礎要素

 

◆競技の形式

 

◆競技会のクラス分け

 

◆評価方法の基礎知識

 

  • Instagramの社会のアイコン
  • White Facebook Icon

ADDRESS

 

Yokohama,

Kanagawa

& Tokyo

ご依頼やイベント開催地により日本全国出張いたします。

HOURS

 

OPEN DAILY

9AM-21PM

(電話受付)

第一種動物取扱業

登録番号 70-0135(訓練)

©2016 by Mighty Canine Campus  with Wix.com